美容師として働くには必ず免許が必要?

憧れる人の多い職業といえば美容師。美容師になるためにまずは免許を手に入れましょう。 - 美容師として働くには必ず免許が必要?

更新情報

アーカイブ

美容師求人情報サイト

美容師として働くには必ず免許が必要?

qwgres
美容師になるためには免許は必要です。
美容師国家試験に合格をした上で免許を取らなければ美容師求人に応募することはできません。

美容師になるためには

美容師になるためには免許が必要です。そのためには、美容学校に入学をして学んだ上で卒業をする、そして美容師国家試験に合格をしなければいけません。これが必須の条件です。美容師国家試験、これは美容学校の卒業が受験の条件ですので、卒業できない人は受験することができません。そして国家試験に合格をしなければ、いくら学校を出ていたとしても美容師にはなれないのです。

美容学校について

美容師になりたければ美容学校に入学し、その後卒業して国家試験を受験、合格しなければいけないのですが最初に、美容学校がなんなのか知っておく必要があるでしょう。美容学校、これは厚生労働省が指定している条件を満たした上で、厚生労働大臣が許可した学校です。厚生労働大臣指定校と表示されていないところはありません。注意したいことは、ヘアメイクスクール、ビューティースクールが現在増えているのですが、それらはもしかすると厚生労働大臣の許可が下りていないこともあるということです。認可していない学校を卒業していたとしても、それは受験資格を満たしたことにはなりませんので、受験することができないのです。

美容学校の課程について

美容学校の課程についてですが、昼間に勉強をする場所である昼間課程、そして夕方からの夜間課程、最後に通信とスクーリングの通信課程の三つがあります。認可されている学校であればどれを選んでも卒業して国家試験を受験することは可能です。昼間課程は仏の学校と同じで二年間通うことになります。そして夜間家庭をしているところは一部なのですが夕方から夜の9時くらいまでの授業で2年や2年半学校に通うことになっています。昼間は仕事をしながら夜間授業を受けて免許を取得する人もいます。通信課程は通信教育でレポートを提出、面接による授業です。美容店で従業している人は300時間以上の面接授業、働いていない人は、600時間以上の面接授業を受けることになっています。大半が通信で資格を取得しようとしている人は、すでに美容店で働いている人が多いことが特徴です。

勉強する内容について

美容師の免許を取得するときに必要となる学習ですが、必修科目は1400時間となってます。関係法規や制度について30時間、衛生管理について90時間、美容保健が120時間、美容物理・科学が90時間、美容文化論が90時間、美容運営管理が60時間、美容技術理論が120時間、美容実習が800時間の合計1400時間です。美容実習は800時間あるのですがこれは必修科目の半数以上となります。

美容実習について

eaht
美容実習ではスキャルプトリートメント、カット、ワインディング、フィンガーウェーブ、ピンカール、国家試験のためのパターン、シャンプー、ヘアカラーリング、マニキュア、フェイシャルマッサージ、新日本髪、着付けメイク、エステティックを学ぶことになります。美容師の資格を取得するためにはこれらをすべて学んだ上で学校を卒業し、そして国家試験に合格をしなければいけないので、思った以上に険しい道のりと言えるのかもしれません。
美容師として働くためには免許は必須です。アシスタントとして小間使いのような雑用をするのであれば免許は必要ありませんが美容師として働くためには、国家試験に合格をして免許を取得しなければいけないでしょう。
美ジョブナビでは美容師を募集しています。

Copyright(C)2016美容師として働くには必ず免許が必要?All Rights Reserved.